• クリスマスローズの花言葉「慰め」「いたわり」「私の不安を和らげて」「中傷」意味や種類・色別での説明

クリスマスローズの花言葉「慰め」「いたわり」「私の不安を和らげて」「中傷」意味や種類・色別での説明

  • View数View数639
クリスマスローズの花言葉「慰め」「いたわり」「私の不安を和らげて」「中傷」意味や種類・色別での説明

愛する人などに、心を込めたプレゼントを贈りたいと考えている時におすすめしたいのが花のプレゼントです。数ある花の中でも今回特におすすめしたいのが、クリスマスローズと呼ばれる美しい花です。その名もロマンチックな雰囲気があり美しいですが、繊細さが際立つ見た目も魅力的です。

クリスマスと聞くと、ポインセチアを思い浮かべる事の方が多いかと思いますが、花束としてプレゼントするのであれば、この花は冬のブーケとして最適ではないでしょうか。さらには素敵な花言葉も持っているので、そちらも含めてチェックしてみましょう。

クリスマスローズの花言葉「慰め」「いたわり」「私の不安を和らげて」「中傷」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報クリスマスローズの花言葉「慰め」「いたわり」「私の不安を和らげて」「中傷」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

花言葉で深みのある贈り物に

慰め|いたわり|私の不安を和らげて|中傷|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

今や情報社会となっており、なかなか美しい言葉を立ち止まって考える時間が少なくなってきています。プレゼントなどをする際、物自体については考える事はありますが、その奥に込められた言葉などに対してそこまで考える人も少なくなってきているのではないでしょうか。

相手に心を込めて花束をプレゼントを渡す際に、花言葉を知っているとその贈り物には深みが増します。花には個別にそれに因んだ花言葉が存在しています。例えば、その人を心から思っているという言葉を持つ花も存在しており、それを相手に贈る事でさらに気持ちが伝わっていく事は間違いないでしょう。

今回の主役であるクリスマスローズにもさまざまな意味が込められており、良い言葉を利用してプレゼントとして贈る事で相手に心から喜ばれる可能性があるのです。全てが善しとされる言葉ではない部分も持ち合わせているので、贈る前に理解しておくと良いでしょう。

クリスマスローズの花言葉

クリスマスローズの花言葉

今回の主役であるこの花のビジュアルをチェックしていきましょう。キンポウゲ科の植物に属するこの花は、バラのような繊細な花びらが、清楚かつ上品で力強い印象が感じられます。エレガントなイメージや知的な印象も与えます。

カラーバリエーションも豊富で、心を癒してくれそうな優しさすらも感じさせる魅力を持ち合わせている事がわかります。その見た目からもイメージが出来る、「慰め」や「いたわり」といった花言葉があります。大切な人に優しくしたいや人を労いたいといった気持ちを伝えたい時にぴったりです。

さらに、自分自身に言葉をかけるような「私の不安を和らげて」という言葉も付けられています。慰めを意味している事も、この内容の言葉を生み出したと考える事ができるのではないでしょうか。人の心に寄り添うような優しいイメージの言葉が多く付けられているようです。

注意したい言葉もあるのか?

注意したい言葉もあるのか?

花言葉は、とても前向きなものも存在している一方で、少し注意したいものや、怖いと感じてしまうものがある事も確かです。全ての植物に対して必ず存在しているわけではありませんが、中にはそういったものも存在する事をしっかりと理解しておくと花選びがしやすくなります。

今回の主役であるクリスマスローズには、傷つけてしまうといったニュアンスの「中傷」という言葉が存在しています。これは、古い歴史に裏付けされたエピソードが由来しているといわれており、あまりポジティブには捉えにくい部分があるでしょう。

人にもそれぞれ表と裏があるように、花言葉にも表と裏があります。その裏の部分にこの「中傷」という言葉は位置するのではないでしょうか。裏の面だけを見て、全てを否定するといった捉え方は良くありませんが、誰かに贈る場合はそういった事を気にする相手であれば注意した方が良いでしょう。

自分で育ててみるのもおすすめ

自分で育ててみるのもおすすめ

今回の主役であるこの花ですが、名前の通り「クリスマスの時期に咲くバラのような花」という事が由来になっており、シンプルでストレートなネーミングである事が特徴でしょう。「中傷」という花言葉持つ事から、人に贈るとトラブルが起きてしまうかもしれないという人は自分で育ててみる事も出来るのでおすすめです。

どういった栽培方法が向いているのか、どういった特徴があるのかなど基本的な事を押さえて、しっかりと理解しておくと、よりこの花に対しての愛情が深まる事でしょう。ここでは、この花についての基本的な情報をお伝えしていきます。育て方などに役立ててみてください。

クリスマスローズの基本的な情報

クリスマスローズの基本的な情報

本来の学名では「Helleborus(ヘレボルス)」と呼ばれているこの花は、もともと「ニゲル」と呼ばれており、このニゲルはその名の通りクリスマスの頃に花を咲かせるようです。ですが日本で流通しているものの中には、同じクリスマスローズという名前でも別の種類があるようです。

キンポウゲ科に属する「オリエンタリス」という品種も同じ名前で扱われており、この花は春の季節に咲くため、そちらになると季節とズレた印象になってしまいますが、季節を越えて楽しめるといった意味では長く愛でる事ができる特徴ともいえるでしょう。

カラーバリエーションが豊富である事も知られていますが、そのネーミングのイメージから、ホワイトカラーとレッドカラーのような印象かもしれませんが、実はピンクカラーだったりブラックカラー、さらにはグリーンカラー、パープルカラーなど、多種多様なカラーが存在しています。

花言葉は色には左右されないので注意しておきましょう。この花を上手に咲かせたとしたら、どの程度の開花期になるか知りたいといった方もいるのではないでしょうか。開花期間は基本的には7日前後といわれていますので、開花した後もしっかりと水やりなどをしましょう。

受験生の合格祈願に使える!?

受験生の合格祈願に使える!?

近年ではクリスマスローズを受験の応援ギフトとしても利用しようと考えられている場面もあります。5枚の花びらは実は萼片(ガクヘン)でなかなか落ちる事がありません。そこから一部では「学(ガク)が落ちない」や「合格(5このガク)」といった縁起物としても扱われているようです。

「私の不安を和らげて」という言葉も付けられているので、大切なテストを控えて不安を抱えた受験生や、資格などの難関試験に挑戦している人たちに、「応援しているよ」や「頑張ってね」といった合格祈願を込めた気持ちで贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

心を豊かにしてくれる存在

心を豊かにしてくれる存在

贈る相手や自分自身を応援し、そして慰めてくれる、そんな存在感を示しそういったパワーがこの花には備えられていると考えられるのではないでしょうか。花言葉や豆知識などその花についてさまざま事を知ると、愛で方にも変化が出てきます。花のある生活は心を豊かにしてくれるので自分で育ててみるのも良いものですよ。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ