• プリムラ・ジュリアンの花言葉「青春の喜びと悲しみ」意味や種類・色別での説明

プリムラ・ジュリアンの花言葉「青春の喜びと悲しみ」意味や種類・色別での説明

  • View数View数1,416
プリムラ・ジュリアンの花言葉「青春の喜びと悲しみ」意味や種類・色別での説明

さまざまな花を愛でたいといった方に人気の花。それが、プリムラ・ジュリアンと呼ばれている花です。独創的なヴィジュアルを持ち合わせているだけでなく、この花が持つパワーなどから、多種多様な方々から支持されている花として知られています。この花の時期や季節、種類に関連する情報、花言葉をお伝えしていきます。

プリムラ・ジュリアンの花言葉「青春の喜びと悲しみ」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報プリムラ・ジュリアンの花言葉「青春の喜びと悲しみ」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

知識を増やして世界を拡げよう

青春の喜びと悲しみ|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

日々ガーデニングをしている方や花の仕事をされている方は別として、私たちは花についてまだまだ知らない事が多いと言われています。今まで触れた事のない花は、やはりわからない部分も多いというのはしょうがない事ですが、一つでも知識を増やすと世界が広がる事は間違いありません。

花について考えるためには、基本をしっかりと理解する事が重要と言われています。基本を頭の中に取り入れる事で、その花についての情報も理解できるはずです。今回の主役の花はプリムラ・ジュリアンです。これから園芸店で購入したいとか、誰かに心を込めてプレゼントしたいと考えている方はチェックしてみてください。

プリムラ・ジュリアンってどんな花なの?

プリムラ・ジュリアンってどんな花なの?

この花はサクラソウと呼ばれる花の一つであり、基本的にはこの名で呼ばれている事もあります。この名前であれば知っているという方もいるのではないでしょうか。原産地はアジア圏とヨーロッパ圏であり、かなり生命力の強い花としても知られています。

日本では2月19日の誕生花として認定されており、カラフルな色合いで鮮やかな花を咲かせてくれます。耐寒性だけでなく酷暑などにも意外と強いと言われているので、結果的に多年草としての一面も持ち合わせているのです。

開花時期は11月~4月

開花時期は11月~4月

シミュレーションとして園芸店に入ったと考えていきます。入店した園芸店でこの花を見つけるためには、出回っている時期に行かなければなりませんよね。この花はどのような時期に園芸店で購入する事ができるのでしょうか。

お店に出回る時期については、秋口から翌年の春先までと言われており、半年間近く出回っている事から、冬場などに園芸店に行けばほとんどの確率で出会う事ができると考えられるのではないでしょうか。

多年草としても知られているプリムラ・ジュリアンの開花時期は11月~4月になり、一つの苗からたくさんの花が咲きます。冬の厳しい寒さを乗り越えて、翌年の春まで花壇に彩りを与えて私たちを楽しませてくれる存在です。

目を見張るカラーバリエーション

目を見張るカラーバリエーション

この花には数多くの種類がある事で知られています。アンティーク風のものもあれば、かなり華やかなものなど、名前が違ってくるもののベースはプリムラという花で、その他はすべて交配種として作られた品種になっています。

なんといってもカラーバリエーションの豊富さは目を見張るものがあります。一般的にはパープルカラーやブルーかカラー、ホワイトカラーを目にする事が多いかと思いますが、レッド、ピンク、イエローなど、ほぼ全ての色が揃えられているといっても過言ではありません。

ご自宅でガーデニング用として揃える際や誰かにプレゼントする際など、同じカラーで揃えても良いでしょうし、あえて様々な色を組み合わせて楽しんでみるのも一興ではないでしょうか。カラフルなものが好きな方におすすめです。

知らなかった魅力がわかる花言葉

知らなかった魅力がわかる花言葉

さまざまな花に付けられている花言葉。この言葉を知る事により、自分の知らなかったその花の魅力を知れるだけでなく、人生がとても豊かになると言われている事をご存知でしょうか。まさしく奇跡を彷彿とさせるような内容であり、これを知る事がこの花をより愛でるために必要な事は言うまでもないでしょう。

甘酸っぱさを知る

甘酸っぱさを知る

11月~4月にその可愛らしい姿を見せてくれるこの花にはどのような花言葉が付けられているのでしょうか。ここでは、この花について知っておくべき言葉について解説していきたいと思います。この花の面白いところはとあるテーマで言葉が付けられているところです。

元のベースはプリムラと言う花ですが、交配によって作られた種類が豊富である事から、その種類によっても言葉が異なっています。一概に一つの花言葉だけが真実を語るわけではなく、シチュエーションによって変化していくといった部分を理解しなければならないでしょう。

全体的に伝えられているものが、青春や恋をイメージするものです。この花固有につけられたのは、「青春の喜びと悲しみ」という花言葉です。恋といった素敵なメッセージもある一方で、この輝かしくも甘酸っぱい時代の終わりをイメージさせる言葉が存在しています。

この花言葉が付けられた理由として、長くても開花時期が春先をピークにしているといった部分にあるでしょう。4月は完全に花が閉じてしまうという事ですので、この言葉がつけられたと考えられるのです。新学期・卒業・入学といった時期が頭に思い浮かぶのではないでしょうか。

プレゼントやガーデニングに

プレゼントやガーデニングに

今、多くの花が園芸店に売られています。その中で一つの花を選ぶというのは、なかなかお目当てのものがないと、どれもすてきで選びきれないといった方も多いのではないでしょうか。実際に見に行って悩むのも良いですが、予め花言葉や基本知識を知っておくと選びやすくなります。

今回ご紹介したプリムラ・ジュリアンは、園芸店で様々な色を合わせた鉢植えでも販売されています。誰かにプレゼントとして贈るのも良し、自分で購入してガーデニングの仲間に加えてみるのも良いでしょう。開花の時期が幅広いのでガーデニング初心者の方でも安心して育てやすいと考えられるのではないでしょうか。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ