• キャンディタフト(イベリス)の花言葉「甘い誘惑」「心をひきつける」「初恋の思い出」「無頓着」意味や種類・色別での説明

キャンディタフト(イベリス)の花言葉「甘い誘惑」「心をひきつける」「初恋の思い出」「無頓着」意味や種類・色別での説明

  • View数View数1,931
キャンディタフト(イベリス)の花言葉「甘い誘惑」「心をひきつける」「初恋の思い出」「無頓着」意味や種類・色別での説明

イベリスといったネーミングの方が有名かもしれませんが、ここではこのイベリスを別名の「キャンディタフト」としてご紹介します。小さな花が、株を覆うようにたくさん集まって咲く姿がとても愛らしいこの花は、とても人気があります。意外と知らない方も多いので、花言葉を含めて解説していきます。

キャンディタフト(イベリス)の花言葉「甘い誘惑」「心をひきつける」「初恋の思い出」「無頓着」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報キャンディタフト(イベリス)の花言葉「甘い誘惑」「心をひきつける」「初恋の思い出」「無頓着」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

花言葉でロマンチックな贈り物に

甘い誘惑|心をひきつける|初恋の思い出|無頓着|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

私たちが普段から接している花たちには、美しくも可愛らしい花言葉が多く存在しています。愛やキュートなものだけではなく、ユニークなものもありますし、中には怖いと考えられているものも存在しています。こういった内容を知るだけでも、その花がさらに愛らしく見えるのではないでしょうか。

プレゼントで花を贈りたいといった時に、花言葉を添えるだけで、より素敵な雰囲気を演出する事ができ、ロマンチックな贈り物になります。女性の方に喜ばれる事は間違いないでしょう。今回取り上げているキャンディタフトにもロマンチックな花言葉があります。

キャンディタフトの花言葉

キャンディタフトの花言葉

株を覆うように、小さな花がたくさん集まって咲く姿はとても愛らしさを感じさせる魅力溢れる雰囲気を醸し出しています。花がお好きな方たちにはとても有名な花でもあり、この花を愛でる事を楽しみにしている方も大勢いる事実があります。

そういった背景からも、この花には「甘い誘惑」といった言葉が存在しています。魅力的な人に、その意味を込めてこの花を贈るのもおすすめです。同じようなニュアンスとして「心をひきつける」といったものもあったり、「初恋の思い出」といった甘酸っぱいイメージを与えるような言葉もあります。

とても甘い香りがするところも、この花の特徴の一つになります。その匂いから、誘惑といった言葉だけでなく甘さを感じさせるニュアンスも入ってきた事が考えられます。ユニークなところで「無頓着」という言葉もあるようです。誰かにこの花をプレゼントする場合は、良い意味で活用する事をおすすめします。

基本を知る事が重要になる

基本を知る事が重要になる

とても愛らしい印象を持つ花であり、その甘い香りも魅力的で、庭一杯に咲かせたらきっと楽しい豊かな毎日がまっている…といった形で、期待させてくれるような花と考える事ができるでしょう。一方で育てるにしても基本的な内容を知らない事には、正しく綺麗に育てる事が難しい花と考えてもいいかもしれません。

何ごとにも、基本を知る事が花を育てる上では重要です。ここでは、キャンディタフトのしっかりとした基本的な情報をお伝えしていきますので、これから育ててみたいと思っている方は、ますは購入前にそちらについてチェックしてみてください。

キャンディタフトの基本情報

キャンディタフトの基本情報

この花の名前などから、生まれをヨーロッパと考える方も多いかもしれません。たしかに、その想像は正解ですが、北アフリカも原産地の一つとして数えられているところが特徴です。全体的に、ヨーロッパの南部が産地と考えて良いでしょう。

名前としては、主にイベリスという名前の方が一般的になるかと思います。なぜ、キャンディタフトという別名が付けられているのかというと、花の甘い香りや見た目に関連していると考えられています。

イベリスはその魅力的な甘い匂いと花の形などから、お菓子の束のように見えると言われていた事から、「Candytuft(砂糖菓子の束)」と呼ばれるようになったようです。とても可愛らしい印象でお子様と一緒に花を育てたいと考えている方などは、入口としてとても魅力的な内容と言えるのではないでしょうか。

この花の時期としては、春と秋のツーシーズンと言われています。そのため、育て方によっては1年で二回楽しめるといった、とてもユニークな内容となっています。具体的には、春の場合は4月から初夏の6月頃までが季節であり、秋の場合は秋真っ盛りの10月、11月が時期とされているようです。

上手に育てるために必要なコツ

上手に育てるために必要なコツ

この花の誘惑に乗ってみたい!という方はご自宅で育ててみる事をおすすめします。育てる上で注意しなければならないポイントがいくつか存在しています。ここからは、イベリスという花で知られている育て方のコツをご紹介します。しっかり押さえて綺麗な花を咲かせましょう。

押さえたいポイントについて

押さえたいポイントについて

キャンディタフトは日当りの良さを求めます。病害など根腐れにも注意したい事から、土は乾燥した水はけのよいものを用意し、日光がほどよく当たるだけでなく風通しの良い場所に設置するとキレイに花を咲かせてくれる可能性が高まるでしょう。

水やりについては繊細に行う必要があると言われています。開花のシーズンが二回ありますが、基本的な時期や季節は春であり、冬場に水を上げる時は朝早くあげて夕方にはほどよく乾かすといったルーティーンが必要になります。

肥料を使いたいといった方も多いかもしれませんが、あまり必要としない花である事から、控え目にした方がキレイな花を咲かせてくれる可能性が高まります。肥料を使用する場合は、緩効性化成肥料を使いましょう。

いろいろな方法で活用しよう!

いろいろな方法で活用しよう!

とても魅力溢れる花である一方、育て方に注意したい花でもあります。甘い誘惑などをベースに、この花を魅力溢れる人に贈るのも良いでしょう。素敵な雰囲気を演出して、ロマンチックな贈り物としてキャンディタフトを活用してみてはいかがでしょうか。もちろん、育てて観賞用として活用するのも良いでしょう。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ