• カイドウの花言葉「美人の眠り」「艶麗」「友情」「温和」意味や種類・色別での説明

カイドウの花言葉「美人の眠り」「艶麗」「友情」「温和」意味や種類・色別での説明

  • View数View数2,946
カイドウの花言葉「美人の眠り」「艶麗」「友情」「温和」意味や種類・色別での説明

花にはそれぞれ花言葉があり、プレゼントとして一緒に添えておくなら相手に喜んでもらう事ができます。ただ、花言葉にもいろいろあり、全てが良い意味で使用できるわけではありません。中には怖い意味の花言葉もあるため、しっかり理解しておかないと失敗してしまう可能性もあります。

沢山の種類がある花の中でもピンク色のかわいい花を咲かせるカイドウの花言葉について知りたい人もいるでしょう。桜の花にも似ているこの花は盆栽や庭木として昔から親しまれてきました。花言葉以外に、意味や種類、季節や時期について内容を紹介しましょう。

カイドウの花言葉「美人の眠り」「艶麗」「友情」「温和」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報カイドウの花言葉「美人の眠り」「艶麗」「友情」「温和」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

カイドウとはどのような花なのか?

美人の眠り|艶麗|友情|温和|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

この花は淡紅色の花と花後にできる暗赤色の実が魅力的であり、開花時期が4月~5月という事もあり、桜の花を追うように美しい花を咲かせます。原産国は中国ですが、美人の形容に用いられるほどであり、日本でも広く栽培されているため、いつでも見る事ができます。

庭木や盆栽として親しまれており、赤みの強いつぼみが半開状に花開くと淡紅色になるため、かわいらしいというイメージを持つ事が多いです。しなやかに枝に花を咲かせ、花柄を長く伸ばして半開の状態で下垂して開花させます。開花と同時に葉も広げていき、実を付けますが6mm~10mmと小さいので食用になる事はありません。

実は食用として利用する事は出来ないので、花を見て楽しむものとなります。バラ科リンゴ属の花であり、カイドウという名前ですが、別名ではハナカイドウや、スイシカイドウと呼ばれる事もあるため、どれも同じ花だと覚えておきましょう。

カイドウの花言葉とは?

カイドウは日本でよく見る花の1つですが「どのような花言葉があるのか?」と疑問を持つ事もあるでしょう。カイドウには可愛らしい姿から、花言葉がいろいろ名付けられています。花言葉について内容を紹介しましょう。

「美人の眠り」「艶麗」「友情」「温和」

「美人の眠り」「艶麗」「友情」「温和」

カイドウの花言葉には「美人の眠り」「艶麗」「友情」「温和」という意味があります。この中で「美人の眠り」というのは、中国の玄宗という皇帝の寵姫であった楊貴妃の眠りが足りず、ほろ酔いの姿であった事が由来のようです。容姿が美しかった楊貴妃は、その姿をカイドウに見立てて「艶麗」という意味も付けられているようです。

カイドウは美人の形容に用いられる事が多く、美人のうちしおれた様子を例えるために「カイドウの雨に濡れたる風情」という慣用句もあるようです。他の「友情」「温和」という花言葉も良い意味で使用する事ができるため、花言葉として考えてみましょう。

カイドウに悪いイメージの花言葉はない

カイドウに悪いイメージの花言葉はない

この花の花言葉には、怖いと思われたり、悪い意味と捉えられる言葉はありません。どれも良い意味で使用できるものばかりで、花言葉を相手に贈る時に特に注意しなくてはいけないものはなく、おしゃれなプレゼントとしても活用できるのでおすすめです。

「美人の眠り」や「艶麗」などの花言葉から分かるように、使用される花言葉には女性に向けた褒め言葉として使用する事ができるため、自分の恋人や告白したい女性がいる時に、贈り物にするのも1つの良い方法でしょう。カイドウの花言葉の意味が伝わるようにメッセージカードを書いて相手に贈るようにしてみましょう。

どんな種類が存在しているの?

どんな種類が存在しているの?

カイドウには、いろいろな種類の花があります。どのような種類の花があるのか知っておく事で、他の花との違いや独自の特徴を理解する事ができるでしょう。カイドウと同じ種には以下の花があります。チェックしてみてください。

ヤエカイドウ(八重海棠)

この種類は、花が八重咲きになるものです。通常のカイドウよりも花冠が大きいため見応えを感じる事ができるでしょう。この花がたくさん咲いているなら花見の魅力も大きく、一般家庭でも育てやすいため、庭に咲かせている人も多いです。

シダレカイドウ(枝垂れ海棠)

シダレカイドウ(枝垂れ海棠)

枝垂れ海棠は枝が垂れているのが特徴的であり、優美な樹形となっています。シダレでいる事で、花の咲き方はもちろん綺麗であり、見応えを感じる事ができます。枝に咲いている花は「艶麗」という花言葉が似合ったものと言えるでしょう。

ウケザキカイドウ(受け咲き海棠)

こちらはベニリンゴやリンキとも言われているため、呼び方によってカイドウと分からない事もあるでしょう。ただ、この花の特徴は花が太くて下垂せずに上を向いて咲くようになっています。この特徴を覚えておくと名前の呼び方が違ってもウケザキカイドウと理解する事ができるでしょう。

ズミ(深山海棠)

ヒメカイドウ(姫海棠)と呼ばれる事があるため、こちらも呼び方をしっかり覚えておく必要があります。ズミは北海道から東北中北部に咲いているため、温暖な地域よりも寒冷地で湿り気のある土地に多く生育しています。寒冷地に赴いた際はズミの花が咲いていないか見てみましょう。

ホンカイドウ(本海棠)

ホンカイドウ(本海棠)

ホンカイドウは大きめの花を咲かせる特徴があるため、見応えがあります。園芸用に流通するのがカイドウとなり、これはその原種と言われています。中国の場合は本海棠が海棠と言われるため、日本のイメージで言うと誤解されてしまう事もあります。

ミカイドウ(実海棠)

ミカイドウは大きな実を付けてくれるため食べる事が可能です。江戸時代にカイドウと言われたものの本種と言われているようです。通常の海棠は実が小さく食べられないため、実を食べてみたいなら、ミカイドウを庭で育ててみる事ができるでしょう。

フイリカイドウ(斑入り海棠)

フイリカイドウは葉に白い斑が入っているのが特徴的であり、他の種類と比較しても特徴的なので見たら直ぐに判別できるはずです。別名で「ハンイリカイドウ」とも呼ばれており、どちらも同じ花を指している事を覚えておきましょう。

カイドウと桜の違いとは?

カイドウと桜の違いとは?

同じバラ科の植物なので桜と間違われてしまう事がありますが、海棠はリンゴ属であり、桜はサクラ属に分類されているため同じバラ科でも違います。桜と海棠は見分け方として、桜は花後に葉を広げていくのに対して、海棠は開花と同時に葉を広げていくため、咲き方を覚えておきましょう。

庭で育てる時の植え方・水やりについて

庭で育てる時の植え方・水やりについて

カイドウを庭で育てたい方は、どのように植え付けや水やりの頻度を行えば良いのか知っておきたいでしょう。鉢に植えて育てる場合は、赤玉土と腐葉土、黒土をそれぞれ入れて混同させてみましょう。比率としては赤玉土4、腐葉土は3、黒土3という割合です。

根を入れてからは半日ほど半日陰に置いて水やりを行うようにしてください。その後に日光が当たる場所に移動させますが、強い日差しは葉焼けを起こすため場所に注意するようにしましょう。

鉢植えでも地植えでも苗木を植え付ければ、たっぷりと水をあげるようにしましょう。その後は土が乾いているときのみ水をあげるので十分です。鉢植えの場合は鉢底から水が出るまで与えるようにしてください。

メッセージカードを使って花言葉を贈ろう

この花の花言葉も良い意味のものばかりであり、種類も豊富でそれぞれ特徴があります。誰かに贈り物として花言葉を添えたい場合はメッセージカードなどで意味を伝えると自分の気持ちをしっかり理解してくれるでしょう。カイドウの花言葉を活用してみてください。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:1回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ