• サンシュユ(山茱萸)の花言葉「持続」「耐久」「強健」意味や種類・色別での説明

サンシュユ(山茱萸)の花言葉「持続」「耐久」「強健」意味や種類・色別での説明

  • View数View数2,767
サンシュユ(山茱萸)の花言葉「持続」「耐久」「強健」意味や種類・色別での説明

いろいろな花を愛でたいといった方の中には、少し変わった印象の花を育ててみようと思っている方もいるかもしれません。少し変わった花を育てたい方におすすめしたいのが、サンシュユという花です。2月15日の誕生花としても認定されており、面白いエピソードなども存在しています。

あまり聞いた事や見た事がない名前ではありますが、早春を代表する植物の一つで、春先に密集したようなユニークでかわいい黄色い花を咲かせます。サンシュユの花言葉を含めたさまざまなエピソードや特徴など、この花の魅力について紹介していきます。

サンシュユ(山茱萸)の花言葉「持続」「耐久」「強健」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報サンシュユ(山茱萸)の花言葉「持続」「耐久」「強健」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

花言葉で生活を豊かにしよう

持続|耐久|強健|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

花と一口にいってもその種類は多岐に渡ります。見た目や季節で花を選ぶ方も多いのではないでしょうか。その選び方も花の魅力の一つではあるのですが、一つ一つの植物に付けられた花言葉を知ると、選び方や花の見方に変化が出てきます。

花言葉とは、その花の見た目やストーリー、古くから伝わる習慣、ギリシャ神話などの伝説にまつわる言葉です。その中には、運気が上がりそうなものや、愛らしいものも含まれているものの、一部怖いイメージを持ってしまう言葉もあるようです。

今回の主役の花はサンシュユです。この花にも、当然数多くの言葉が付けられており、花をギフトとして贈る時、その言葉の意味も一緒に込め相手にプレゼントする事もできます。さまざまな花言葉をインプットして生活をより豊かにしましょう。

サンシュユの花言葉について

サンシュユの花言葉について

2月15日の誕生花としても知られている山茱萸。早春に、とても愛らしい印象の黄色い花が茎の先端に密集するように咲きほこります。可愛らしさもありながら、その奥には秘めた力強さなども感じるなど、不思議な力と魅力を持った花です。

あまり花として知られていないサンシュユですが、「持続」「耐久」という忍耐力の強そうな印象の持てるニュアンスの言葉が付けられています。可愛らしい花の姿とは裏腹に他には「強健」といった言葉もあります。

ビジュアルが可愛らしい花などの場合、花言葉も愛らしいとか健気など、そういったものを想像されるかと思いますが、意外と力強さを感じさせられる言葉が付けられていますがどれも素敵な言葉ではないでしょうか。

なぜ力強い言葉がつけられているの?

なぜ力強い言葉がつけられているの?

山茱萸は、栄養ドリンクなどにも配合される生薬としても使用されています。早春に咲いた黄色い花が咲き終わった後、秋になり枝に真っ赤な果実が実ります。その熟した果実を乾燥させ生薬として使用されているようです。

強壮薬や泌尿器の疾患によく用いられており、そのような効能を持つ事が「持続」、「耐久」、「強健」といった力強い言葉が付けられている秘密と言えるのではないでしょうか。栄養ドリンクを飲む機会があったら配合物の欄をチェックしてみてくださいね。

サンシュユの基本的な情報

サンシュユの基本的な情報

山茱萸は、ミズキ科ミズキ属の樹木です。「ハルコガネバナ」、「アキサンゴ」、「ヤマグミ」という別名もあり、原産地は中国になります。日本には江戸時代の中頃に薬木として渡って来ましたが、今では花木として広く植栽されています。

3月~4月に小さな黄色い花を樹先にたっぷりとつけ、原産地などではグミなどと呼ばれているユニークな名称も存在しているようです。赤い実は10月~12月にかけてが見ごろで、11月が収穫時期に最適と言われているようです。

美しさと豪華さ、繊細を感じる色合い

美しさと豪華さ、繊細を感じる色合い

花というと、数多くのカラーバリエーションが存在しているようですが、やはりこの花はゴールドカラー、イエローカラーが基本となるようです。この色合いもまた、美しさと豪華さ、そして繊細を感じさせるポイントになってくるのではないでしょうか。

花を育てる際、しっかりとその花の持っている特徴など、“基本”を押さえてから育てる必要があります。園芸店で購入する際など、しっかりと特徴や植え付け方法などの基本的な事をスタッフなどに聞いておくと安心ですね。

秋に実る果実は美味しいの?

秋に実る果実は美味しいの?

山茱萸は3月~4月に花の見ごろを迎え、それが終わると秋にはこの樹木のメインとなる実が収穫されます。そのまま食べられる実はとてもビタミンCが豊富ですが、酸味が強く甘みも薄いため、シュガー漬けなどにして食べると良いでしょう。抗アレルギーや鎮静作用、利尿作用などの効能もあると言われています。

春は花、秋は果実で楽しめる

春は花、秋は果実で楽しめる

一つでも多くの植物を知る事で、世界が広がっていく可能性があります。サンシュユは3つの力強い花言葉を持ち合わせ、可愛らしい黄色い花を枝に咲かせて早春を楽しませてくれます。秋には生薬としても使われるビタミンたっぷりの真っ赤な実で楽しい気分にさせてくれます。の魅力に触れて興味を持っていただければ幸いです。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ