• ボケ(木瓜)の花言葉「妖精の輝き」「先駆者」意味や種類・色別での説明

ボケ(木瓜)の花言葉「妖精の輝き」「先駆者」意味や種類・色別での説明

  • View数View数1,127
ボケ(木瓜)の花言葉「妖精の輝き」「先駆者」意味や種類・色別での説明

木瓜と書いて「ボケ」と読むこの花は、3月1日の誕生花として認定されています。平安時代に中国から渡ってきたボケは、とてもユニークなネーミングであるからこそ、少し独特な雰囲気を醸している花として知られていますが、その存在はとても希有であり美しく繊細です。

ここでは、そんな数々の魅力を放ち続けているこの花の開花時期や、色合い、花言葉を網羅していきます。愛らしい花の形が特徴的で、どこか和風なイメージを感じさせるこの花の魅力についてチェックしてみてください。

ボケ(木瓜)の花言葉「妖精の輝き」「先駆者」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報ボケ(木瓜)の花言葉「妖精の輝き」「先駆者」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

心に寄り添う花言葉

妖精の輝き|先駆者|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

私たちは、普段から数多くの花と接していますし、当たり前のように花は人間と共存し続けています。身近な存在であるがゆえに、人は植物に対して私たちの心に寄り添うような花言葉を付けてきたと考えられます。姿形をキレイだなと眺めるのも、もちろん豊かな時間ですが、花の花言葉を知るとより大切にする事が出来ます。

今回はボケが持つ花言葉についてご紹介します。この花も、その美しさやストーリーなどから、さまざまな言葉が存在しています。中国から日本に渡来し、昔から庭園や盆栽に使われる事の多かった木瓜には、どのような美しい言葉が付けられているのでしょうか。

ボケ(木瓜)の花言葉

ボケ(木瓜)の花言葉

この花は、とてもユニークな言葉を持っています。その咲き誇る形に関連している事、そしてビジュアルから取られたであろう、そんな花言葉を紹介していましょう。重要になってくるポイントがビジュアルにおける花言葉です。その花を見た際、どういった感覚でチェックするかといった部分から名付けられているものになります。

ボケはとても繊細かつ美しい、可愛らしさを感じる姿をしている事で知られています。主に深い濃いピンクカラーで構成されているところも特徴ではないでしょうか。古く多くの人たちは妖精のようなイメージを抱いており、「妖精の輝き」という言葉を持ち合わせている事で知られているのです。

開花期が春先まで続くと言われており、まさに春を先取りできるような存在でもある、といったところから「先駆者」という言葉も付けられているようです。愛らしい姿である事から妖精をイメージさせたり、まさか先駆者をイメージさせるなど、多種多様な顔を持つ花である事がわかりますね。

基本を知る事は礼儀でもある

基本を知る事は礼儀でもある

昔から庭園や盆栽に使われる事の多いボケを今後ご自分で栽培したいという方もいるのではないでしょうか。しっかりとこの花の基本を知って、準備をしてみてはいかがでしょうか。花の基本が理解できていなければ、この花を本気で愛でたいと思ってもその気持ちがなかなか伝わらない恐れがあります。

花に対して基本的な情報を知るという事は、その植物に対しての礼儀でもあります。何ごとも基本が大切であるのと同じく、この花についての基本をしっかりと理解しておく必要があります。ここからは、ボケの開花時期などの基本的な情報について紹介していきます。

ボケについての基本情報

ボケについての基本情報

木瓜を見るとまず第一に考えてしまうのが、とても梅の花に似ているといった印象です。梅は、ちょうど冬場から春先に咲く花です。ボケは3月頃から開花時期を迎え、長いものは5月にも花を咲かせるものがあるといいます。中には11月頃に開花するものもあり、そちらは「寒木瓜(カンボケ)」と区別して呼ぶようです。

注目すべきはやはりアジア圏で生まれた花ではないか、といった部分です。実際にその通りで、この花が生まれているのはアジア圏でも特に多くの花を生み出し続けている中国が原産です。日本におけるこの花の歴史は古く、平安時代まで遡る事ができます。日本の気候にあっていたのでしょう。

平安時代に渡来した後、瞬く間に日本全土に広がっていき、今では日本国内で見ない場所がないほどに浸透しているのです。この花が持っている「妖精の輝き」という言葉。この妖精が、国内に数多くいると考えるだけでもロマンティックな気持ちになってしまうのではないでしょうか。

知っておきたい豆知識について

知っておきたい豆知識について

ボケは、しっかりと果実をつけるところが特徴です。花を愛でるだけでなく、果実も利用できるところが魅力的と言われている所以の一つではないでしょうか。果実は私たちも食べる事ができ、果実酒などに利用されるなど、私たちの生活になじみ深い存在としても知られるようになっています。

漢方薬としても使用されており、漢方名では木瓜(もっか)と呼ばれているようです。手足の痙攣や、食欲不振や下痢を治す効果があると言われており、浮腫、心不全、リウマチ、神経痛などにも効くと言われています。ただ可愛いだけではない存在なのがこの花のスゴいところです。覚えておきましょう。

日本人が親しみやすい樹木

日本人が親しみやすい樹木

3月1日の誕生花でもある木瓜。その愛らしい姿と、どこか和風な印象を与えるこの花は日本人にとってとても親しみやすい花であると言えるでしょう。ロマンティックな気持ちにさせてくれるような花言葉も持ち合わせている事で、さらに魅力は大きくなるのではないでしょうか。

植物の持つ言葉を思いながら、その花を眺めるのもまた一つの楽しみ方になります。庭先だけでなく、旅館やホテルの庭園などでも見られる事が多いので、開花の季節に探してみてはいかがでしょうか。ボケの花のイラスト入りの便せんなどでお手紙を書くのも良いですね。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ