• バイモ(貝母)の花言葉「凛とした姿」「威厳」「謙虚な心」「才能」「努力」意味や種類・色別での説明

バイモ(貝母)の花言葉「凛とした姿」「威厳」「謙虚な心」「才能」「努力」意味や種類・色別での説明

  • View数View数1,872
バイモ(貝母)の花言葉「凛とした姿」「威厳」「謙虚な心」「才能」「努力」意味や種類・色別での説明

健気なイメージのある、素敵な花を育ててみたい。そんな方もいるのではないでしょうか。どういった花をチョイスすれば良いか悩んでしまい、なかなか答えが見つからないといった方もいるでしょう。そんな方には、ぜひバイモ(貝母)と呼ばれる花をおすすめしたいと思います。

3月~4月頃に下向きに花を咲かせるその姿に、これだ!と思う方もいるでしょう。ここではこの花の時期だけでなく、季節や色、種類、さらには付けられている花言葉なども紹介していきましょう。この花の魅力を知った上で、改めてこの花を愛でてみてください。

バイモ(貝母)の花言葉「凛とした姿」「威厳」「謙虚な心」「才能」「努力」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報バイモ(貝母)の花言葉「凛とした姿」「威厳」「謙虚な心」「才能」「努力」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

私たちと花言葉について

凛とした姿|威厳|謙虚な心|才能|努力|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

私たちは生活していく中で、どういった言葉を紡いでいるでしょうか。中には一般的な言葉しか話していない方もいるかもしれませんが、それでも人間どこかで美しく力強い言葉に助けられ、それを口ずさむ事もあるのではないでしょうか。

ただ言葉だけでなく、その言葉が宿った花としてプレゼントするとなんだかロマンチックですし、相手にもよりその思いが伝わるのではないでしょうか。バイモには、その見た目や使われ方などから、大変エレガントな言葉が付けられている事で知られています。

花言葉を知らないからといって悪い事が起こるわけではありませんし、むしろ知らない方が多いかもしれませんが、知識を広げる事によって、人生も前向きに考えられる気持ちになる可能性もあります。この花が持ち合わせている美しい言葉を紹介していきましょう。

バイモの花言葉について

バイモの花言葉について

花は、その見た目などからも使用されるような言葉が定められていると言われています。その花が歩んできているストーリーにも関連しますし、その理由などはさまざまといっても過言ではないでしょう。今回取り上げた貝母ですが、ビジュアルを見ると、どこか花が愛らしく垂れ下がっているような印象を持ちます。

下向きに咲く花は頭を下げているような形であり、自分から目立とうといった雰囲気よりは、繊細さを感じさせるような印象を与えてくれます。花言葉を見てみると、その言葉がこの花にとても合っているといっても過言ではない事がわかりました。

凛としているといったニュアンスの「凛とした姿」という言葉や「威厳」などがあり、謙虚をイメージさせる「謙虚な心」という言葉も付けられています。その他には「才能」「努力」といった言葉があるようです。

何ごとにおいても私たちは謙虚さを忘れてはなりませんし、これから社会人として活躍したいと考えている方も、謙虚な気持ちを忘れずに、自分の意見などを積極的に出していくと、やる気と謙虚さのバランスも良く出世の道も開きやすいのではないでしょうか。

この花は、まさにそのビジュアルから頭を下げているような謙虚を感じさせるため、この言葉が付けられたと考えられています。意外に知らないといった方も多く、最近の自分の思い通りにしたい方が多い傾向にある世の中で、改めて考えなくてはならない言葉として取り上げました。

「才能」や「努力」について

「才能」や「努力」について

バイモは、知られざる力を持ち合わせている事でも知られています。知られざる力というと、ものものしい印象を抱く方もいるでしょうが、この花の地下に位置する茎は生薬としても利用されており、そこから隠れた才能を意味するようなニュアンスで「才能」という言葉も付けられているようです。

この隠れた才能から生薬として使用されている事も由来して、「努力」という花言葉も付けられ、その効果は止血や咳止めなどがあるようです。役割や存在によって付けられる花言葉もあります。それもまたこの花の魅力の一つと言えるのではないでしょうか。

基本的な情報を頭に入れておこう

基本的な情報を頭に入れておこう

申し訳なさそうにちょこっと頭を下げている花の咲き方に、愛らしさを強く感じてしまいますが、一体どんな育て方が正解なのでしょうか。花を購入し、園芸店などにいっていろいろ見聞きする事が大切ですが、なかなか園芸店にまで相談できないといった環境の方もいます。

まず基本的な情報から頭の中に入れておくだけで、その花への愛情や育てやすさが全く変わってくるのでおすすめです。ここからは、今回取り上げたバイモの知っておくべき基本的な情報について解説してきます。参考にしてみてください。

バイモの原産地・開花時期・育て方

バイモの原産地・開花時期・育て方

この花はユリ科の一つであり、同じようなスタイルで咲かせる事ができる、そんな植物である事で知られているのです。花の姿も少し似ていますよね。生まれは中国としても知られており、アジア圏では大変有名かつメジャーな花といっても過言ではありません。

3月~4月頃の春の季節が開花時期となっており、赤色や淡緑色のカラーバリエーションが存在しており、明るく可愛らしいだけでなく、多様性も感じさせてくれる花として人気を博しています。春場がメインとはいえ耐暑制には弱い事もあり、夏場に外出しておくとダメになってしまう恐れがあります。

夏場は、やや涼し目の部屋に置いて世話をすると良いでしょう。クーラーの効きすぎで植物が乾燥してしまう事もよくありません。そこにも注意が必要になります。春から夏にかけては水をたっぷり与える必要がありますが、冬の季節はほとんど与えなくて問題ありません。

他の品種と一緒に育てるのもおすすめ

他の品種と一緒に育てるのもおすすめ

貝母は、アジア圏を代表するあの中国が原産と言われています。その仲間は世界中に多く存在しており100を超える品種が存在している事でも知られています。ご自宅でガーデニングをする際には、思い切って他の品種と共に育ててもおもしろいのではないでしょうか。

フリチラリア・インペリアリス、クロユリ(黒百合)、フリチラリア・メレアグリスなどが同じように下を向いて花を咲かせる品種なのでおすすめです。他にもあるので気になる方は、他の種類についてもぜひチェックしてみてください。

花のパワーを感じてみよう

花のパワーを感じてみよう

春の季節に赤色や淡緑色の花を咲かせる貝母。その姿にはどこか謙虚さや健気なイメージを感じさせるものがありますが、生薬に使われているなど、その隠し持つ効果から「凛とした姿」や「才能」、「努力」といった花言葉も付けられており花のパワーを感じます。

そんなバイモの姿を見習って、謙虚な気持ちを忘れずに、信念や心を曲げずに日々暮らしていきたいものですね。花を眺めながら、そんな気持ちを思いつつ次の世代へも幸せと謙虚さを繋いでいってみてはいかがでしょうか。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ