• ウメ(梅)の花言葉「忠実」「約束を守る」「美と長寿」意味や種類・色別での説明

ウメ(梅)の花言葉「忠実」「約束を守る」「美と長寿」意味や種類・色別での説明

  • View数View数1,686
ウメ(梅)の花言葉「忠実」「約束を守る」「美と長寿」意味や種類・色別での説明

日本人にとって大切なもの。それは、やはり春夏秋冬を告げてくれる季節の花ではないでしょうか。その花を見聞きするだけでも、その季節の到来を感じる事ができるというのはとても素晴らしい慣習です。そんな素晴らしい日本文化を教えてくれる一つが、ウメではないでしょうか。

ここでは、ウメの季節や時期だけでなく、多くの花に名付けられていると言われている、「花言葉」などもチェックしていきましょう。毎年同じ時期になると、庭先や公園、道端などで目にする事が多いと思いますが、梅の花言葉については知っていたでしょうか。

ウメ(梅)の花言葉「忠実」「約束を守る」「美と長寿」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報ウメ(梅)の花言葉「忠実」「約束を守る」「美と長寿」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

基本的な事を知るのは大切

忠実|約束を守る|美と長寿|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

人生において重要な事は、全ての基本を知る事にあります。基本を知らない事には応用もありませんし、ネクストステージに立つ事も難しいのではないでしょうか。今回、主役はウメです。私たちはあまりにも身近な花である事から、意外にこの花の魅力を知らぬまま過ごしてきたのかもしれません。

もちろん、植物に詳しい方やそうでない場合もあるかもしれませんが、ここではこの花の基本をお伝えしたいと考えています。自宅にウメを咲かせたいと思っている方なども含めて、改めて梅の基本的な事や魅力について触れてみてはいかがでしょうか。

ウメ(梅)ってどんな花?

ウメ(梅)ってどんな花?

梅はどちらかというと木としてのイメージが強いですが、どんな花として知られているのでしょうか。サクラは3月末から4月にかけてピークを迎えますが、ウメはそれよりも早く満開になるため、よく梅園などが人気になっている事で知られています。

全く別の植物と思われている節もあるのですが、実はウメはサクラの仲間であり、属自体は一緒なのです。その時期が1月からといった事で、時期が異なり、違う属と思われていた方も多いのではないでしょうか。よく見ると、木に咲くその姿も似ていますよね。

梅は「松竹梅」などでお祝い事のシンボルとして使われる事もあり、日本独自のイメージを持つ方も多いと言われているものの、実はその生まれは中国圏である事でも知られています。あまりにも身近に存在する花だった事からも、知らなかったという方もいるのではないでしょうか。

ホワイトカラー、レッドカラー、さらにはピンクカラーと、カラーバリエーションが存在しており、それらによって言葉に違いがある事でも有名です。まだ寒さの残る季節に力強い樹や愛らしくも可憐な花びらを見せる、この姿に美しさと儚さを感じている人もいるでしょう。

美しい花言葉の存在

美しい花言葉の存在

どんな植物にも、それにちなんだ言葉が存在している事で有名です。ウメも、素敵な花言葉が多く存在しているため、もしご自宅に取り入れたり飾る、また大切な人たちに贈るとなった時は、その意味を理解した上で贈るとギフトとしてもまた一つ格が上がると言えるでしょう。

ウメの花言葉について

ウメの花言葉について

梅のビジュアルについて見ていきましょう。繊細で小さな花びらが、どことなく可愛らしく咲いています。特にホワイトカラーは純粋さと純潔さを感じさせる事もあり、美しさの極みといっても過言ではないのではないでしょうか。

ウメは、様々な伝説が存在している事で知られており、そこにはなんと「忠実」といった言葉が存在しています。これは、伝説に由来している言葉としても知られていますが、このビジュルからも想像できる内容なのではないでしょうか。

西洋では「約束を守る」といった日本語の意味である「Keep your promise」という花言葉があるようです。これも、梅が美しく、さらに高潔であるといったイメージにぴったりな内容です。愛する人であったり、重要な仕事の取引先だったり、関係性を良くしたい方にプレゼントすると喜ばれるでしょう。

「美と長寿」という、美しさと長生きをイメージさせる言葉も存在している事で有名です。特に、この花は長生きをイメージさせる言葉が多いイメージではないでしょうか。素晴らしい話でありますし、長寿のお祝いなどとして贈る事ができる大人はとても素敵な印象を与える事ができるはずです。

花の色によって違いがある

花の色によって違いがある

ウメにまつわる言葉は本当に素敵なものばかりです。梅には数多くのカラーバリエーションが存在しています。そのため、基本的な言葉だけでなくカラーによっても違いがある事をしっかりと理解しておくと、よりこの花を好きになれるのではないでしょうか。

まず、レッドカラーです。要するに紅梅の事を指します。ビジュアルを見ると、情熱的な赤というよりは、どちらかというと優しい雰囲気を醸し出している赤色と考える事ができるのではないでしょうか。そのためか、燃え盛るとか情熱とか、そういった話ではなく、優美といった言葉を持っているのが特徴となります。

清少納言が愛したとも言われているなど、本当に歴史と品位を感じさせる花と考えても申し分ないのではないでしょう。今、この時代に生きている方だけでなく、古くから人に愛されてきた背景を知る事で、その歴史の深さを感じ取ってみる事が出来るのではないでしょうか。

よく見るホワイトカラーについて

よく見るホワイトカラーについて

紅梅もよく見かけますが、やはり一番身近に感じ、見かける事も多く梅のイメージとして強いのがホワイトカラーでしょう。紅梅に比べると、どことなく雰囲気が違い、より清楚な印象となってきます。白色には上品などの言葉がつけられており、ビジュアルにまつわる理由があると言われているのです。

昔の人も同じ風景を見ていた

昔の人も同じ風景を見ていた

世の中に数多く存在している花言葉には、ポジティブなものだけでなく、ネガティブなイメージや怖い意味もあると言われていますが、ウメにはそういったものは存在していません。あくまでポジティブなものばかりであり、その基本漂う姿は間違いなくピュアで清廉です。昔の人も同じ風景を見ていたと思うと感慨深いですよね。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ