• ビオラの花言葉「もの思い」「私を思って」「天真爛漫」「純粋」「小さな幸せ」「つつましさ」意味や種類・色別での説明

ビオラの花言葉「もの思い」「私を思って」「天真爛漫」「純粋」「小さな幸せ」「つつましさ」意味や種類・色別での説明

  • View数View数985
ビオラの花言葉「もの思い」「私を思って」「天真爛漫」「純粋」「小さな幸せ」「つつましさ」意味や種類・色別での説明

道を歩いていると、なにかと目にする機会が多いビオラ。蝶々のような花びらが可愛らしく、ピンクや紫、青、オレンジなど様々なカラーで花壇を賑わせてくれます。園芸店でも購入しやすく、気になっている方もいるのではないでしょうか。ここではビオラの意外と知られていない花言葉や由来、開花時期などをご紹介します。

ビオラの花言葉「もの思い」「私を思って」「天真爛漫」「純粋」「小さな幸せ」「つつましさ」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報ビオラの花言葉「もの思い」「私を思って」「天真爛漫」「純粋」「小さな幸せ」「つつましさ」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

花言葉を知って活用しよう

もの思い|私を思って|天真爛漫|純粋|小さな幸せ|つつましさ|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

物事を考えた時、表面的な部分だけをチェックしても良いのですが、一方でその裏側をチェックしたい。そんな人たちが増えている現状があります。それは花でも全く同じ現象が起こっていると言われており、それが花言葉です。

一つの花には、エピソードが数多く存在しています。太古の昔から愛されギリシャ神話などに登場する花もあれば、近頃発見されたものなどさまざまです。ビジュアルから、カラーバリエーション、いろいろな文化的な背景から決められているものも存在しています。

ビオラは、美しいだけではなく、さまざまないわれを持つパワーを兼ね備えている美しさに溢れた花といっていいでしょう。この花の魅力をここでお伝えしていきます。誰かにプレゼントとして贈りたいと時にも花言葉は活用できます。

ビオラの花言葉について

ビオラの花言葉について

この花は、放射状に花びらを咲かせるといった印象といったよりは、どこかくしゃっとした愛らしい印象の咲き方をしています。とても愛らしいその花は、色合いもグラデーションがあるような、幻想的な印象を持ちます。一体どんな言葉が付けられているのでしょうか。

この花はカラーバリエーションによって言葉が変化していきます。ベースとなるスタンダードな花言葉が存在しているので、その部分を混合しないように進めていきたいところです。まずはビオラ全体の花言葉から見ていきましょう。

非常にユニークな言葉なのですが、物思いにふけるといったニュアンスのある「もの思い」、誰かに自分の事を思っていてほしいといったニュアンスの「私を思って」という言葉が存在していました。叶わぬ恋に奮闘している、健気な女性のような印象を受けないでしょうか。

諸説あるようですが、この花は繊細であるにもかかわらず寒い冬場であってもしっかりと咲き続けるといった特徴からもこういった言葉が付けられていると言われています。さまざまな言葉があるからこそ、この花の魅力がより引き立つと考えられます。

カラーバリエーションから確認

カラーバリエーションから確認

この花を愛でている方が数人集まった際、恐らくその人たちが育てているビオラは千差万別です。その理由はシンプルで、この花には数多くのカラーバリエーションが存在しているからに他なりません。グラデーションがかなり特徴的であり、そのベースとなるカラーが基本となってそれぞれに花言葉を持ち合わせています。

カラーで変わる花言葉について

カラーで変わる花言葉について

この花のカラーバリエーションについてあらためて考えていきましょう。レッドカラーやピンクカラー、オレンジカラー、パープルカラー、ブルーカラー、イエローカラー、ホワイトカラーなど、多種多様です。意外にブルーカラーをよく見る方などが多いかもしれません。

このカラーバリエーションによっても大きく言葉が変化しています。先ほどの、物思いにふけるといったニュアンスは、実はレッドカラーの固有としても付けられています。全体的ではありますが、具体的にはレッドカラーが主流といった部分になります。

オレンジカラーの場合は「天真爛漫」、「純粋」になります。その見た目と言葉から、どこか、あどけない少女のようなイメージが浮かんできます。欧州ではイエローカラーはあまり良い色と言われていないのですが、この花に関しては「小さな幸せ」だったり、「つつましさ」といった良い意味が使用されています。

基本的な情報は知っておいた方が良い

基本的な情報は知っておいた方が良い

カラーバリエーションによっても大きく花言葉が違い、花の魅力を底上げしてくれる要素となっている事がわかりました。次に、ビオラにおける、開花時期などの知っておいた方が良い基本的な情報についてチェックしていきましょう。基本的な事は知っておいた方が良いです。

時期や季節などの基本情報

時期や季節などの基本情報

ビオラはスミレ科スミレ属の一種です。やはりその姿はどこか菫を思わせるような形ではないでしょうか。北ヨーロッパが原産地となり、日本へは江戸時代に渡ってきたようです。パンジーにも似ていて、間違える人も多いのではないでしょうか。パンジーとの見分け方は、ビオラの方が花が小さい事が特徴となります。

ポーランドの国花にもなっているビオラですが、園芸店では、11月から5月といった秋から春先にかけて苗が出回っているようですが、実は開花する時期や季節も幅広い事で知られており、同じような時期として知られているのです。種を秋にまいた場合、11月~6月に花が咲き、春の場合は、6月~9月に咲きます。

出回っている時期と、開花の季節などが同じといった花は意外に珍しいのですが、それだけ多年草らしい一面を持っているといってもいいでしょう。基本的に花を咲かしたら、長くて1週間程度と言われていますので、いろいろな種類を愛でると長く楽しめる可能性があるでしょう。

身近な花を違った気持ちで楽しもう

身近な花を違った気持ちで楽しもう

寒い季節でも楽しめるビオラ。地域の環境整備として花壇に置かれている事も多く、私たちにとって身近な花であると言えるのではないでしょうか。今回は、意外と知られていない花言葉についてご紹介しました。この知識を得る事で次に目にした時に、今までとは違った気持ちで眺められる事が出来るのではないでしょうか。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ