• アスター(エゾギク)の花言葉「変化」「追憶」「思い出」意味や種類・色別での説明

アスター(エゾギク)の花言葉「変化」「追憶」「思い出」意味や種類・色別での説明

  • View数View数2,419
アスター(エゾギク)の花言葉「変化」「追憶」「思い出」意味や種類・色別での説明

様々な花が世の中には存在しており、その一つ一つに重要な花言葉が存在しています。もちろん、その花言葉を知るだけではなく、その花の持っている基本の情報についても理解しておく必要はあるでしょう。今回はそんな魅力溢れる花の中で、「アスター」を主役にしたいと思います。様々な観点からチェックしていきましょう。

アスター(エゾギク)の花言葉「変化」「追憶」「思い出」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報アスター(エゾギク)の花言葉「変化」「追憶」「思い出」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

花言葉から知る魅力とは?

変化|追憶|思い出|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

花は、それぞれ魅力的な言葉を持っています。それは花言葉と呼ばれており、その言葉の意味をしっかりと理解しているか否かが重要なポイントになってくるのではないでしょうか。普段私たちが見ている花には思っている以上の花言葉が存在しています。愛を語るものもあればユニークなもの、怖いと言われるものまで様々です。

私たちが知るべき花の魅力とはどこにあるのでしょうか。今回の主役に抜擢している花はアスターです。この花が持っている、様々な花言葉についてここで深堀りしていってみましょう。その花の花言葉全てをしっかりと理解し、それに合わせたプレゼントなどをするのもおすすめです。

アスターの花言葉について

アスターの花言葉について

この花に限った事ではありませんが、基本的にはカラーバリエーションによってもその言葉が違っている事で知られているなど、多種多様な方向性がある事で知られています。愛情を感じられる言葉もあれば、少しニュアンスが違った怖いと思われてしまう意味を持つ花も多いようです。

アスターについての全体的な花言葉について考えていきましょう。この花は品種改良などが行われてきた過去が存在しており、それがこの花の魅力をより高めています。世の中には変化しない美しさもありますが、どんどん自らを変化させて美を追求したいといった事もあるでしょう。

この花は、変化を望む意味合いを強く持ち合わせており、「変化」といった言葉で注目される花です。変化し続けていくといった意味であるものの、昔の事を否定しているわけではありません。仏花としても利用されるなど、人の心に寄り添う花であるだけに、「追憶」や「思い出」という言葉も存在しているのです。

他の色にはどんな言葉があるの?

他の色にはどんな言葉があるの?

アスターは数多くのバリエーションがある事で知られています。その種類の多さと色の多さから、変化を意味する言葉が存在すると考えているのです。この花が持っている特徴的なカラーバリエーションについて、ホワイトカラーやピンクカラー、ブルーカラー、パープルカラーが存在しています。

これらの花は、それぞれに個性的な美しさを放つわけですが、それぞれにちゃんと花言葉が存在しているところがユニークです。パープルカラーには「恋の勝利」という言葉が付けられています。手に入れたといった意味での勝利なのかは、受け取った側の判断になりますが、他にはなかなかない言葉でしょう。

ピンクカラーは「甘い夢」、ブルーカラーは「信頼」、ホワイトカラーは「信じてください」といった言葉となっています。この花はそれぞれの色によっても言葉が変わってくるなど、多種多様な顔を持ち合わせていると考えていいのではないでしょうか。

どこで生まれたのか、どんな季節の花なのか

どこで生まれたのか、どんな季節の花なのか

アスターを育てたいとか、大切な人にプレゼントしたり、いろいろなシチュエーションで利用したいと考えている方もいるのではないでしょうか。この花の表面的な事だけを知るだけではその価値を見出す事はできないでしょう。基本をしっかりと押さえる事が育てる上でも重要になってくるという事です。

この花は、園芸店などでも販売されている人気の花で、ガーデニングなどに挑戦したい方にとっても魅力的な花として扱われています。どこで生まれたのか、どんな季節の花なのか、そういった部分をより詳しく知りたい方もいるでしょう。ここからは、この花で知るべき事実や基本について考えていきます。

アスターの原産地について

アスターの原産地について

この花を見た時、まず思い浮かべるのはとある花にそっくりではないか、といったところです。この花は、菊にとても似ていますが、当然その仲間の一種である事で知られています。アジア圏が生まれと思われており、中国の北部が原産ではないかと言われています。

この花の特徴はどんどん品種改良をしていく、変化といったニュアンスが言葉に付けられているところです。アスターが広く知られるようになったのはヨーロッパに渡っていった事がきっかけと言われており、この地で品種改良がスピーディーに進められた事で話題となったのです。

日本にやってきたのは江戸時代頃になり、ここ日本でもこの花は大きく変化を遂げていったのです。そのため、ある意味ではその国にしかない種類がある可能性もあるなど、とてもユニークな存在である事は間違いないのではないでしょうか。

開花時期や名前の由来について

開花時期や名前の由来について

アスターの開花時期は7月~8月頃となり、暑さに強い夏の植物として知られています。一年草となるため、夏に一度花が咲いた後は枯れてしまうので冬越しの必要はありません。春に種をまいて、日当たりの良い場所で育てると良いでしょう。

花の名前は、花の形が星のような形になっているため、ギリシャ語の星という意味の言葉が語源となっています。学名では「Callistephus (カリステファス)」と呼ばれていますが、これは「美しい冠」という意味がるようです。

二面性のある花言葉も魅力の一つ

二面性のある花言葉も魅力の一つ

花には、美しい言葉がいくつも存在しています。だからこそ、その言葉をしっかりと噛み締める事が重要になるでしょう。「変化」を望むけれど「追憶」や「思い出」といった人の過去にも寄り添う言葉が存在するアスター。この二面性のあるところも、この花が持ちえている魅力と考えてもいいのではないでしょうか。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ