• オランダアヤメ(阿蘭陀菖蒲)の花言葉「よい便り」「朗報」「希望」意味や種類・色別での説明

オランダアヤメ(阿蘭陀菖蒲)の花言葉「よい便り」「朗報」「希望」意味や種類・色別での説明

  • View数View数1,008
オランダアヤメ(阿蘭陀菖蒲)の花言葉「よい便り」「朗報」「希望」意味や種類・色別での説明

新緑の季節は終わり、夏の前にやってくる梅雨の季節。ジメジメと日々を暗くしてしまいがちな季節ですが、その時期に素敵な花を咲かせる事で知られているのがオランダアヤメでしょう。この花の繊細さ、そして魅力は日本人の琴線に触れるものがあります。種類、花言葉など、この花の魅力をたっぷりとお伝えしたいと思います。

オランダアヤメ(阿蘭陀菖蒲)の花言葉「よい便り」「朗報」「希望」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報オランダアヤメ(阿蘭陀菖蒲)の花言葉「よい便り」「朗報」「希望」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

花言葉で暗い気持ちを吹き飛ばそう

よい便り|朗報|希望|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

花をプレゼントされた時、その花の美しさだけで贈ってくれた相手の気持ちに感謝する事があるでしょう。相手はその花に込められた素敵な花言葉をしっかりと詰め込み、それをプレゼントしてくれたかもしれません。花のプレゼントだけでなく、「言葉」もプレゼントしてくれたという事になるでしょう。

この時、私たちはその花言葉を理解していればより嬉しくなりますし、より笑顔が溢れる人生となる事は間違いありません。そのため、花言葉における知識を予めしっかりと仕入れておく事が、花をより魅力的な存在として捉える事ができるポイントになります。

今回取り上げたオランダアヤメには、とても美しく素晴らしい言葉がいくつも付けられています。ここでは、この花は持っている美しい言葉についてお伝えしていきましょう。ジメジメとした日々が続き、暗くなりがちな気分も吹き飛ばしてくれるでしょう。

オランダアヤメの花言葉

オランダアヤメの花言葉

繊細なのにどこか凛とした空気感を放っているオランダアヤメ。もちろん、その花への印象は人それぞれかもしれませんが、美しく日本的な印象を抱かせる存在の花といっても過言ではないでしょう。この花にはどんな言葉があるのか、調べた結果素敵な言葉が見つかりました。

まず、「良い便り」という言葉が付けられています。それに関連している「朗報」という言葉も存在していました。喜ばしいメッセージ、伝言といったようなニュアンスのあるものが共通しているようです。

その他にも、「希望」というとても魅力的で美しい言葉を発見しました。誰もが先がわからないと考えている今の時代、この言葉を授かるだけでも生きる希望が湧いてくるのではないでしょうか。開花時期とは裏腹に、私たちに明るい気分を与えてくれる、そんな花言葉ばかりです。

カラーバリエーションと花言葉

カラーバリエーションと花言葉

この花には豊富なカラーバリエーションがあり、それをベースに花言葉が付けられています。その魅力や種類についても解説してみましょう。花言葉というと、その花全体の意味として数種が存在すると考えられていますが、カラーがたくさんある場合はそれぞれに言葉が付けられている事が多いです。

阿蘭陀菖蒲にはどんなカラーバリエーションがあるのでしょうか。この花の基本的なポイントと考えられるカラーが、紫色ではないでしょうか。街中でもよく目にする色で、これは「良い便り」といった言葉が付けられていると言われています。ついに夏がやってくる、といった気持ちの高ぶりも関係しているかもしれませんね。

白色のこの花についての意味を見ていきましょう。やはり、ホワイトカラーは他の花と同様に、ピュアなといったニュアンスの「純粋」という言葉を持ち合わせています。紫色とは違った、そんな魅力を兼ね備えたカラーである事は間違いありません。お好みのカラーや花言葉で選んでみるのも良いでしょう。

基本的な情報について

基本的な情報について

花について色々な情報を得たい場合、なかなか園芸店などでスタッフに質問しにくいといった方も中にはいるでしょう。今回はこの花の魅力を最大限お伝えするために、基本的な情報を惜しみなくお伝えしていきたいと思います。そのベースを知る事は、この花を自宅でしっかりと育てたいといった時に大変役立つものです。

知っておきたい基本

知っておきたい基本

どこか雰囲気的にもアジアをイメージさせるような見た目をしているオランダアヤメ。それもそのはず、この花は東アジア圏を中心に、日本も原産地として知られている花でもあるのです。夏場の前に開花期を迎えるこの花だけに、出回り期は4月や5月といった春の中心時期と考えられています。

購入した後に花を咲かせるのは、6月頃です。ちょうど梅雨時期に存在している事もあり、雨などには強いイメージがあります。この花はとても似ている花が多いと言われており、総称して「アヤメ」と呼ばれる事もあるようです。この科に属する植物は世界に66属2000種ほどあると言われています。

カラーバリエーションについてもパープルがベースではありますが、その中にイエローカラーから取り入れられていたり、自然の美しさを感じさせるカラーも魅力的の一つであると言えます。菖蒲園(ショウブエン)などもありますが、これも同じ種類になります。

虹の女神から付けられた名前

虹の女神から付けられた名前

3月5日の誕生花でもあるオランダアヤメは、英語では「Iris(アイリス)」と表記され、このアイリスと言う名前は、ギリシャ神話に登場する虹の女神であるイリスから付けられていると言われています。ヨーロッパで古くから愛され、日本でも人気が高く、世界で愛されている花の一つです。

基本をしっかりと知り、大切かつ美しく育てていきましょう。花言葉に「よい便り」や「朗報」があるように、大切に育てていると、自然と吉報などが舞い込んでくる事が多くなるかもしれませんね。植物と一緒に暮らす生活は、心も体も、人生をも豊かにしてくれるでしょう。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ