• アネモネの花言葉「はかない恋」「恋の苦しみ」「見放された」「見捨てられた」意味や種類・色別での説明

アネモネの花言葉「はかない恋」「恋の苦しみ」「見放された」「見捨てられた」意味や種類・色別での説明

  • View数View数1,145
アネモネの花言葉「はかない恋」「恋の苦しみ」「見放された」「見捨てられた」意味や種類・色別での説明

どこかミステリアスで幻想的な花。だからこそ惹かれてしまう魅力的な花があります。それが、アネモネです。この花が持っている独特な個性や魅力は、私たちを魅了し続ける事は間違いないでしょう。3月6日の誕生花なのですが知らなかったという方もいるのではないでしょうか。ここではその他花言葉などをご紹介していきます。

アネモネの花言葉「はかない恋」「恋の苦しみ」「見放された」「見捨てられた」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報アネモネの花言葉「はかない恋」「恋の苦しみ」「見放された」「見捨てられた」意味や種類・色別での説明の豆知識・情報

花言葉や開花時期、原産地を知ろう

はかない恋|恋の苦しみ|見放された|見捨てられた|花言葉の一覧や言葉の意味・使い方と色々な種類|テンプレート

私たちが知っている花は、全てがさまざまな基本から成り立っています。季節や時期、さらには花言葉もそうでしょう。なかなか普段接している身近な花であればあるほど、その基本的な情報を知らないといった方が多いかもしれません。

見た目の綺麗さに魅了され、眺めたり育てる事ももちろん良い事ではありますが、花言葉や開花時期、原産地などの基本的な情報を知っているとさらにその花に対して理解が深まり、見方も変わってくるのではないでしょうか。

アネモネの基本情報について

アネモネの基本情報について

この花の魅力を知る上で重要になってくる基本中の基本から考えていきたいと思います。どこか西洋の雰囲気を醸し出しているアネモネは地中海東部沿岸地域が原産地となり、球根性の多年草になります。十字軍や巡礼者によってヨーロッパに渡り、世界中に渡っていったと言われています。

キンポウゲ科イチリンソウ属の一種で、15~18世紀に品種改良が盛んに行われたそうです。名前の語源はギリシャ語の「風」を意味する「anemos(アネモス)」となり、英語名では「Windflower(風の花)」と呼ばれています。

花を咲かせてくれる時期は3月といった春先である事で知られていますが、5月頃に花を咲かせるものもある事で有名です。基本的には秋の終わり頃を感じさせる11月頃に園芸店などで出回り出します。寒い時期に芽を出し、春の訪れと同時に色とりどりの花を咲かせてくれます。

カラーバリエーションの多さ

カラーバリエーションの多さ

この花の特徴の一つとしては、なんといってもそのカラーバリエーションの多さではないでしょうか。まさに、カラバリの王、女王といっても過言ではないでしょう。レッド・ピンク・さらにはブルー・パープル・ホワイトなど多種多様です。

熟成された高級ワインを思わせるような褐色もあるなど、まさにパレットのような存在を放つ花であり、それぞれに花言葉を持ち合わせています。ここからは、アネモネの花言葉についてご紹介していきます。

美しい愛の物語やユニークなもの

美しい愛の物語やユニークなもの

美しく咲き誇っている花にはさまざまなストーリーがあり、時代を遡った上でいろいろな歴史と共に花言葉が付けられています。美しい愛の物語を紡いでいるものもある一方、ユニークなものもあり、そして怖いと言われている花言葉も存在しています。

怖いというと不安なイメージを抱きますが、内容的には、神話などに関連したもので本来は不吉なものではありません。その怖い意味合いもその花の持ち合わせているミステリアスな部分の一つであり、魅力といっていいのではないでしょうか。

アネモネの花言葉について

アネモネの花言葉について

今回の主役はアネモネと呼ばれている花です。一体、この花にはどういったいわれや言葉が存在しているのでしょうか。この花の持っている言葉は、多くの方に少し怖いといったイメージで捉えられている節があります。

ギリシャ神話において、女神アフロディテと呼ばれている愛と美を司る女神、そしてアドニスといった少年がいるのですが、その物語が関連しています。この話は切ない恋物語で、その象徴として存在した花がアネモネでもあったのです。

このギリシャ神話が由来し、「はかない恋」、「恋の苦しみ」、「見放された」、「見捨てられた」といったような恋の切なさを感じさせる言葉が数多く存在しています。苦しい恋をイメージさせる言葉が多いため不吉な存在となってしまっている部分があります。

しかい、これはあくまでその神話の話であり、この花自体が不吉なわけではありません。アネモネは春の風とともに色とりどりの美しい花を咲かせて私たちを楽しませてくれます。但し、誰かにプレゼントとして贈る際は、相手が花言葉などを気にする方であれば注意が必要になります。

ポジティブに捉えるべき

ポジティブに捉えるべき

全体的な花言葉としては苦しい恋をイメージさせる言葉が多いため、悪いようなイメージで捉えられているのですが、この花には素晴らしい愛の言葉も存在している事で知られています。カラーバリエーションが豊富である事から、それぞれに花言葉を持っています。

赤色は「君を愛す」、ピンク色は「待望」、「待ち望む」、青色には「固い誓い」、紫色は「あなたを信じて待つ」、白色は「真実」・「希望」・「期待」といったような言葉が存在しています。一つ一つに一途な愛の気持ちが込められているのでそこをポジティブに捉えてみてもいいのではないでしょうか。

一途な愛の気持ちが込められている

一途な愛の気持ちが込められている

アネモネの全体の花言葉は、悲しい恋愛を想像させるような言葉が付けられていますが、それぞれの色に付けられた花言葉はとても一途な愛の気持ちと捉えられるものばかりです。愛する人に花を贈るのであれば、ポジティブな意味合いと捉えてメッセージカードなどと一緒にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

春の訪れと共に色とりどりの花を咲かせ、魅力溢れる花であるアネモネ。その美しさとミステリアスさが、多くの人を魅了し続けているのでしょう。眺めているとなんだか健気なイメージも感じられます。最大で1週間程度は花もちするため、美しい時期を長く楽しめるのではないでしょうか。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ